日本画 絹本 その3

2016.07.01.

_20160701_211456ケイトウと蝶と月

ケイトウに色を入れる。

胡粉を使い濃淡や質感を出すようにとのこと。胡粉に染料系の色をうっすら混ぜ、さしていく。こうすることを『具にする』と言うのだそうだ。

絵の具の具ですね。

まだまだ知らない美しい日本語がたくさんあるなぁ。

さらに、これから色や墨を入れる。

 

最近、豆皿を和絵付けで描くためのお話をうかがっているが、日本画の描き方にとても近くて、少し驚き。膠も使ったりするんですって。

日本画を学ぶことが、私の仕事にこんなに近いことだったなんて。

何でも興味をもったら、ある程度深く知ってみるのは、じぶんの人生を豊かにするのだなぁ、と感慨深い。

わらび餅で盛り上がり(^ー^)

2016.06.30.

私のHPを担当してくださった

坂本夕美子さんと彼女をご紹介

下さった 伊藤昌美さんが茉璃庵へ。

HPの写真を撮りにいらして下さった。

DSC_7270この写真のカード達。

イラストレーターである昌美さんの作品。なんとも可愛らしいしセンス抜群!おみやげ~🌠っていただいちゃいました。

そして、真ん中のキラキラ水晶は夕美子さんの作品。これから、私を護ってくれます。

 

今回はそれはそれはたくさんの写真を撮っていただきました。昌美さんにはアシスタントをやっていただいて。

しかも『わらび餅おしゃべり会』と銘打った、主役のわらび餅不在の会。

お店がお休みだったの~~(◎-◎;)

そして、昌美さん小さな声が・・

「わたしかも…わらび餅食べられない…」

かくして我々は、わらび餅を空想しながら桃のケーキを戴くことになりました。 “わらび餅で盛り上がり(^ー^)” の続きを読む