東京国立博物館

2016.11.09.

dsc_9527トーハク西門に続く道。これは子供図書館ですが、いい雰囲気。まるで、秋のヨーロッパを散策しているみたい。

今日はトーハク“禅  心を形に  後期”の初日。

特別夜間内覧会、チームラボ作品発表に参加しました。dsc_9620 チームラボ   猪子さんdsc_9638 新日曜美術館でお馴染み、山下裕二先生。私は彼と焼き鳥を食べたことがありますよ 笑

dsc_9551大好きな長谷川等伯の絵はなぜか心の底にジンジンくる。dsc_9578 その等伯が観たいと懇願した牧谿の龍虎。その迫力は是非本物を観てほしいな。dsc_9614南禅寺の障壁画、狩野探幽 “群虎図”dsc_9595秀吉が愛したと言われる“油滴天目”dsc_9571プライスさんからのプレゼント、晩年の伊藤若沖の自画像と言われている“鷹図”。

“旭日雄鷄図”もありましたよ。

禅宗のお寺が全面協力した、たぶん、50年に一度ではないか、と言われる今回の展覧会。

是非是非、足を運んでみてください。

 

星に願いを☆

2016.11.09.

dsc_9491坂本夕美子さんと伊藤昌美さん、そして私の3人ユニット“わらび餅”。

パソコン音痴の私のために集まった勇者だ   笑   もう、ほんと、お世話になってます💦💦💦

千葉神社にも参拝させていただいたのだけど、妙見様というのも知ってはいたのだけど。

明け方、頭に大きなお星様が(まるで洞窟探検のヘルメットみたいな)ピカピカくっついてる夢を見て、あまりの明るさに朝と勘違いしウロウロと歩き回ってしまう、という事件がありました。 不思議です。

 

dsc_9493

“うん”ちゃんになつかれてる夕美子さん。dsc_9498北辰石に皆で持ってきたストーンをのせてみました。dsc_9508そして、何より嬉しい“月と繋がる八角形の柱”。

触り、抱きつき、感謝しました。

素敵な作品がたくさん出来ますように( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆dsc_9513

もちろん、太陽に繋がる柱もあります。

七五三の御祭りとのこともあり、明るく幸せな気に溢れた清々しい神社でした。

 

流儀なんていらない

2016.10.07.

_20161007_065806随分時間が経ちましたが、

三好由紀さんが“個人的考察”としてこんな素敵な文章を紡いでくださいました。

 

『斬新と懐古主義

内包と破壊の両方をもち

いつも新しいスタイルを追い求めている。 体験したもの全てが自分の色になる。 わたしの完成品はどこ?

わたしのさくひんに終わりはないの。 美とは始まりで終わり。

いつも繰り返すもの。 わたしが体験したもの全てがひとつの形に表される作品ができたら… そのときわたしはどうするだろう?

また破壊して次に向かうかもしれない。

挑戦が【美】でもあるから。

終わりが見えるなんて許せない。 美しいものはそこらじゅうに溢れてる

自然の色に勝てるものなんてないから

全部全部その色がほしいの。 スタイルなんていらないし、

流儀なんていらない

わたしが先駆者であり

わたしがスタイルだから。 先生なんて呼ばれるのは

死んでからにして。

わたしはいつでも追い求めているの。 地球がそのままわたしの美の世界なのだから。

光も闇も全てを写し出す鏡のような作品がわたしの世界になればいいのに。』

 

 

これをいただいたときは、あんまり素敵すぎて一人でニヤニヤ読んでたけど。

何度も読み返すうちに、このワールドに生きるために生まれた、っていう思いが鍾乳石のように少しずつ大きくなっています。

 

岡本太郎じゃないけど、瞬間瞬間を生き、パーッと静かに開く。

いいじゃない!